会った土佐:5回目の『長老大学』訪問 2017年11月9日

~だんだんと顔見知りに~
 高知市内から車で約1時間。デイサービス長老大学は、利用者さんからお話を聞かせていただく『聞き書き介護』に取り組んでいる、アットホームなデイサービスです。私たちはお互いにゆっくりじっくり『話をする、話を聞く』、それだけです。2ヶ月に1回の訪問を繰り返して、早や半年余り。何を思い、何に興味がひろがり、どんな関係が築けるのか・・・、そんな実験的なワクワク感も感じた今回の訪問でした。

今回は、高知の酒席での遊び『箸拳』に挑戦
 箸拳は、それぞれ3本の箸を持って対座した二人が、前に出した手に隠し持った箸の合計数を当てるゲーム。負けた方がお酒をいただくというルールになっていて、勝っても嬉し、負けても嬉しなんです!?以前、利用者さんから「昔はよく箸拳で盛り上がった」という話を聴き、「では、次回、是非やりましょう」ということになったものです。

 手でうまく隠せる小さな朱塗りの箸6本が必需品なんですが、昔の高知のお客(宴会)には欠かせなかったこの箸が、今はなかなか手に入りません。なんとか田舎の家にあり6本は揃って、やれやれ。後は、お猪口とお酒ですが、ここでお酒というわけにはいかず、ペットボトルの水2本を準備し、さあ、スタート!!

 私たち土佐っ歩メンバーは、箸拳は「知っている」という程度で見よう見まねですが、利用者さんのうち男性のお二人はかなりの上級者です。「さぁ、いらっしゃい」「これは、3本」「そうきたら、こっちは1本。これしかない!!」とかける声も手つきも慣れたもの。負けると、まるで酒であるかのようにお猪口一杯の水を呷り、「おお、そんなに酔わせてどうする」と声も上がり調子に。完全に酒宴のノリです。昔の神祭や職場のお客での思い出話も飛び出して、ワイワイ楽しい時間を過ごしました。
m-DSCN0153.jpgm-DSCN0156.jpg









長老大学通信に土佐っ歩の訪問の記事
 通信の秋号に、私たちの訪問の様子が紹介されました。この通信には、『黒鳥を忘れない』を出版された小林ちえみさん、『黒鳥の女たち 特攻隊を語り継ぐこと』の著者城戸久枝さんの訪問時のことも載っており、『聞き書き』の裾野の広さも感じます。この2冊の本も読んでみたいものです。

青空に映えるつるし柿
 窓の外に目をやると、利用者さんたちが皮むきした柿の実が、青空を背景に行儀よく並んで、秋の色に輝いていました。少し先輩の利用者のみなさんとの時間、いつも豊かにゆっくり過ぎていきます。

posted by Ryoma21 at 09:34 | Comment(0) | 会った土佐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食った土佐:高知市帯屋町



高知版『まち歩き食べ歩き くうかい』です。

土佐っ歩の例会時、「伊勢海老が出て、4千円2時間飲み放題の店がある」という話に、ノミ(飲み)ニケーションの段取りが即決。
10月13日、高知市帯屋町の「潮亭」に繰り出しました。
                                                                                                                                                                                       
m-CIMG9446.jpg
料理は噂通り!!伊勢海老の刺身に加えて、カツオのタタキ、アオサ海苔の天婦羅、四万十ポークステーキ、握り寿司などなど、土佐の美味がてんこ盛り。これ以外にも、旬の魚も別注文できるということでしたが、どんどん運ばれてくる料理にシメの雑炊まであり、十分満腹に。
アルコールの方も、ビール、お酒、焼酎とどんどん空いていきました。

m-CIMG9445.jpgいやあ、美味しかった。席が少し窮屈で騒々しいのも、アジアン・テイストで、高知らしい。これで一人4千円は安い!

ある生命保険会社の調査によれば、高知県は、お酒、食べ物とも美味しさ自慢で全国トップ5に入るとか。
皆さんも是非、おいしい料理と地酒で土佐の一夜を堪能して下さい。♪夜さ来い、よさこい


m-CIMG9448.jpg

posted by Ryoma21 at 09:45 | Comment(0) | 食った土佐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会った土佐:本山町『長老大学』2017年9月26日

2017年9月26日、高知県本山町の『デイサービス長老大学』を訪問しました。4月のスタート以来4度目となる今回、利用者さんもスタッフさんもニコニコ笑顔で迎えてくださいました。


天空の郷米の産地、吉延

 すっかり顔なじみとなった利用者さんのお一人に本山町吉延(よしのぶ)地区の方がおいでます。吉延は、お米日本一コンテストで金賞を取ったことから西の魚沼とも言われていて、棚田の美しい集落としても有名です。この利用者さんも、若い頃からずっと米づくりをされており、きれいな水といい肥料が米を美味しくすると教えてくださいました。

 紅葉の時期に土佐っ歩メンバーで訪ねようと、今回は吉延までの経路や周辺情報を伺ってみました。四国の水瓶・早明浦ダムがある本山町とその周辺には酒蔵もあれば、赤牛も有名。近々、その見どころや食の楽しい情報をお伝えしたいものです。


CIMG2065.JPGSN3V9070.JPG









四国の水瓶・早明浦ダム                  土佐あかうし丼


酒談義!?

 今回は、山里の子どもたちの川遊びの絵本「さんねんごい」を持参。男性利用者さんから昔遊びの思い出話を引き出すつもりが、昔はどの家でも「どぶろく」をつくっていた話から一気に酒談義に!?若い頃の神祭や職場のお客(宴会)での武勇伝で盛り上がりました。

 「飲みますか?」と訊かれて、「少々」と応えると、「升升」で二升は飲めると解される『酒飲み王国・高知県』。実は、前回の訪問でも、箸拳(高知の酒席の伝統遊戯)が話題になり、次回に一緒にやることになっていました。箸拳用に短めの箸も準備してきたのですが、この日、約束の相手の利用者さんはいらっしゃらなくて、残念ながら次の機会に持ち越しに。

 それにしても、酒に関する話題で毎回大賑わい・・・これって、やはり高知ならでは?


歌うたう喜び

 酒談義に加えて、パチンコがどんだけ好きだったかの話も出て、ワイワイやってるところに、♪秋の夕日に照る山もみじ・・と素敵なソプラノが響きました。歌が好き、踊りが好きという、その女性の集落では、今でも亡くなられた方をご詠歌でお送りするそうで、そのご詠歌も聴かせていただきました。その哀しいような美しさに、次回、録音のお願いをすると、快くご承諾くださいました。覚えて歌えるようになりたいなぁと思っています。


 毎回、予定の2時間があっという間です。人と会う、話を聴く、深く聴く。その中で、楽しむ。私たちは、利用者さんからいただくものがいろいろあります。利用者さんたちは、どうでしょう?気になるところです。

posted by Ryoma21 at 09:48 | Comment(0) | 会った土佐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする