古民家で例会を!!

CIMG9005-1.jpg

6月21日の午後、紫陽花を楽しみながらのドライブ・・・、


着いたのは、とある民家です。蔵付きの大きな古民家を祖母から譲り受けたものの、住む家はすでにあるというHさん。人の声にあふれた家にしたいとの彼女の思いから、例会の会場としてお借りすることとなりました。


土佐っ歩」のメンバー5人で全員集合。Hさん好意の美味しいアイスコーヒーにお菓子までいただきながら、ワイワイガヤガヤ来月の日程など話し合いました。


会の後、みなで古民家探索!!庭は、メンバーがそれぞれ車で来ても大丈夫なほどゆったりと広い。玄関を上がるとすぐ見付けに床のある和室。続く和室にはぐるりと外廊下があり、部屋を仕切る内廊下も。床材は黒柿、欄間は欅と重厚な趣きがある。台所など水回りは改築ずみなのに使い方は未定と聞き、みな異口同音に「もったいない」を連発!!


CIMG8996.JPG

「最近は外国からのお遍路さんも多いから、インバウンドの民宿をしたら」と誰かが言えば、「いや、ここなら運動公園にも近い。スポーツ合宿にも使える」なーんて意見も。


「アートギャラリーにして、まずはご近所さんにも楽しんでもらっては?」「お琴や三味線なら弾けるという人を知ってる」等々、「もったいない」の思いからアイデァは様々に飛び出すものの、具体性は今一つ。古い家屋は瓦も重く耐震性の問題がありそうだし、農業振興地域であるためいろんな制限もあるとのこと。


この頃、古い家屋のことはあちらこちらで話題になっていますが、その課題は様々だと思われます。「もったいない」の思いでつながった高知の古民家と私たち。これからも例会の会場としてお借りする予定です。


『その後』の展開が開けたら、また、報告します!!


コメントを書く

コメント一覧

この記事へのトラックバック