会った土佐:本山町『長老大学』2017年9月26日

2017年9月26日、高知県本山町の『デイサービス長老大学』を訪問しました。4月のスタート以来4度目となる今回、利用者さんもスタッフさんもニコニコ笑顔で迎えてくださいました。


天空の郷米の産地、吉延

 すっかり顔なじみとなった利用者さんのお一人に本山町吉延(よしのぶ)地区の方がおいでます。吉延は、お米日本一コンテストで金賞を取ったことから西の魚沼とも言われていて、棚田の美しい集落としても有名です。この利用者さんも、若い頃からずっと米づくりをされており、きれいな水といい肥料が米を美味しくすると教えてくださいました。

 紅葉の時期に土佐っ歩メンバーで訪ねようと、今回は吉延までの経路や周辺情報を伺ってみました。四国の水瓶・早明浦ダムがある本山町とその周辺には酒蔵もあれば、赤牛も有名。近々、その見どころや食の楽しい情報をお伝えしたいものです。


CIMG2065.JPGSN3V9070.JPG









四国の水瓶・早明浦ダム                  土佐あかうし丼


酒談義!?

 今回は、山里の子どもたちの川遊びの絵本「さんねんごい」を持参。男性利用者さんから昔遊びの思い出話を引き出すつもりが、昔はどの家でも「どぶろく」をつくっていた話から一気に酒談義に!?若い頃の神祭や職場のお客(宴会)での武勇伝で盛り上がりました。

 「飲みますか?」と訊かれて、「少々」と応えると、「升升」で二升は飲めると解される『酒飲み王国・高知県』。実は、前回の訪問でも、箸拳(高知の酒席の伝統遊戯)が話題になり、次回に一緒にやることになっていました。箸拳用に短めの箸も準備してきたのですが、この日、約束の相手の利用者さんはいらっしゃらなくて、残念ながら次の機会に持ち越しに。

 それにしても、酒に関する話題で毎回大賑わい・・・これって、やはり高知ならでは?


歌うたう喜び

 酒談義に加えて、パチンコがどんだけ好きだったかの話も出て、ワイワイやってるところに、♪秋の夕日に照る山もみじ・・と素敵なソプラノが響きました。歌が好き、踊りが好きという、その女性の集落では、今でも亡くなられた方をご詠歌でお送りするそうで、そのご詠歌も聴かせていただきました。その哀しいような美しさに、次回、録音のお願いをすると、快くご承諾くださいました。覚えて歌えるようになりたいなぁと思っています。


 毎回、予定の2時間があっという間です。人と会う、話を聴く、深く聴く。その中で、楽しむ。私たちは、利用者さんからいただくものがいろいろあります。利用者さんたちは、どうでしょう?気になるところです。

コメントを書く

コメント一覧