歴史、花、グルメ 佐川町まち歩き

2018年最初の高知版「くうかい」のご案内!

 2月16日(金)に、高知県中西部にある佐川町を歩きます。
 佐川町は土佐藩筆頭家老、深尾氏の城下町として栄えた町で、江戸時代からの伝統を守る造り酒屋の酒蔵や旧商家の風情ある街並みが魅力です。
 また、同町出身で高知県が誇る植物学者、牧野富太郎博士がソメイヨシノを贈ったことから「牧野公園」と名づけられ、桜の名所として知られる公園を訪ね、バイカオウレンやフクジュソウなど早春の可憐な花々を楽しみます。アタミカンザクラやカワズザクラなど早咲きの桜も見られそうです。

 午前10時半にJR佐川駅に集合し、まずは〈さかわ・酒ぶら上町歩き〉のガイドさんに案内していただきながら、2時間の街歩きです。コースの概略は、次のとおり。

◆JR佐川駅集合、出発(午前10時半)→ 地場産センター(街並み模型)
 → 司牡丹1号蔵経由 → 竹村家住宅 → 青山文庫
 → 牧野富太郎ふるさと館 → 名教館 → 佐川文庫庫舎 
 → 12時半に終了予定

 昼食は、地場産センターのすぐ隣、大正元年創業の老舗・大正軒でうな重をいただきます。完全予約制で、お値段は、上で3,140円、並で2,250円。
◆昼食:大正軒(午後12時半~1時半)

   牧野公園のバイカオウレン
baikaouren.jpg
 お食事の後は、牧野公園を訪ねて、公園の整備をなさっている地元ボランティアさんに、公園づくりや見ごろの花の説明などいただきながら、半時間ほどゆっくり散策の予定です。
 ちょうどこの時期に花の咲くバイカオウレンは、春の訪れを告げる森の妖精とも呼ばれ、牧野博士に愛された花としても知られています。

 最後に、司牡丹酒造の『ギャラリーほてい』で地酒の試飲や買い物をゆっくりしていただき、午後2時半には解散です。

◆大正軒出発(午後1時半)→ 牧野公園 
 →『ギャラリーほてい』で解散(午後2時半)

 なお、参加費は、〈さかわ・酒ぶら上町歩き〉と牧野公園のガイド料金を含み、正会員500円、非会員1,000円。当日集金いたします。
 青山文庫入館料(400円)や大正軒での昼食代、休憩時のお茶代などは個人負担となります。

◇募集人数は10名。5名以上で催行。
◇大雨など悪天候でない限り実施します。
◇中止の場合は、前日午後6時までに電話します。
◇参加希望の方は、①参加する方のお名前、②うな重(上か並み)の希望、③携帯電話番号 の3点について、
メールで鶴岡(tsuruoka@ryoma21.jp)まで必ずお知らせください。
 追って、受付の返信をします。返信がない場合は、恐れ入りますが、再度お問い合わせください。

posted by Ryoma21 at 23:14 | Comment(0) | 高知支部「土佐っ歩」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐っ歩:土佐の棚田に日本の原風景を見る

紅葉と棚田

 2017年11月20日、高知県北部の嶺北地域を訪ね、紅葉と棚田を楽しみました。
 行き先は土佐町相川(あいかわ)と本山町吉延(よしのぶ)の両地区。地元在住の方(支部メンバーの高校同級生)にナビゲーターをお願いして、総勢6名が車2台に分乗。
 まずは、相川からGO。

土佐町相川:100年前のラブロマンス

m-DSCN0135.jpg ここは、私たちが定期的に訪問させていただいている本山町内の高齢者デイサービス施設「長老大学」で出会い、現在『聞き書き』をさせていただいている90代の利用者さんの故郷です。ご両親の職場が互いに川を挟んだ向こう側だったそうで、「おーいと、声を掛け合い、愛を育んだ」とか。100年前のラブロマンスの現場に「是非、行ってみたい」と声があがり、では、聞き書き冊子の写真の撮影がてら行ってみるかとなったわけです。

 相川は、土佐町中心部から国道439号線を西へ向かい、さらに県道を南へ入った地区。紅葉に彩られた山道を登り、展望が開けた場所に出ると「うわぁ!」と歓声が。刈入れを終えた棚田が斜面の上下にきれいに並び、初冬の寒気の中、端然と佇む姿が広がっていました。手入れの行き届いた棚田は、収穫前、黄金色の稲穂に彩られた季節には、どれほど見事な景色になるでしょうか。

 斜面での耕作はご苦労が多い上、ここは南国土佐でも冬季には積雪もある所。その土地での日々の営みの中で生まれた恋物語。思いは遠い昔へと、はばたきます。
 このラブロマンスから始まる高知発の『聞き書き』にも、ご期待ください。
m-DSCN0133.jpg

本山町吉延:中山間地カメラ紀行の原点

 続いて、足を運んだのは、土佐町の東隣、本山町。
m-DSCN0166.jpg ここ吉延は、お米日本一コンテストで最優秀賞を受賞した「天空の郷米」の産地として知られています。「長老大学」の利用者さんのお一人が、吉延の方で、美味しい米づくりにずっと取り組んでこられたお話を聴かせていただきました。今回は、その吉延へ、美しい棚田を訪ねようとなり、行き方や景観のポイントを教えていただきました。

 さらに、当ブログ2017年08月27日付け『写真展「北川村の今を伝えたい」を訪ねて』でご紹介した藤田茂男さんが、その風景に感銘を受け、中山間地域の映像を捉える契機となった場所も、また吉延だったと伺っています。

 燃えるような紅葉と鈴なりの柿が色付く山間のクネクネ道を走っていくと、木製の展望台が現れました。展望台からは、愛媛県境の山々を背景に、斜面に広がる棚田が一望のもと。

 ここは、品種によって色の異なる稲を植えて絵を描く「田んぼアート」でも有名。今年は「ゆるキャラグランプリ2016」で日本一に輝いた高知県須崎市の「しんじょう君」などが描かれていて、7月の一か月ほどは楽しめたようです。
 残念ながら稲の収穫は終わっていて、しんじょう君との対面はかないませんでしたが、初冬の棚田に雨上がりの虹がかかって私たちを迎えてくれました。心が洗われるような光景に、幸せ感いっぱい!!

 私たちが忘れかけていた日本の風景が広がる土佐の棚田。
 皆さんも、この地を訪れて命の洗濯をしてみませんか?
m-DSCN0163.jpg

posted by Ryoma21 at 10:01 | Comment(0) | 高知支部「土佐っ歩」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会った土佐:5回目の『長老大学』訪問 2017年11月9日

~だんだんと顔見知りに~
 高知市内から車で約1時間。デイサービス長老大学は、利用者さんからお話を聞かせていただく『聞き書き介護』に取り組んでいる、アットホームなデイサービスです。私たちはお互いにゆっくりじっくり『話をする、話を聞く』、それだけです。2ヶ月に1回の訪問を繰り返して、早や半年余り。何を思い、何に興味がひろがり、どんな関係が築けるのか・・・、そんな実験的なワクワク感も感じた今回の訪問でした。

今回は、高知の酒席での遊び『箸拳』に挑戦
 箸拳は、それぞれ3本の箸を持って対座した二人が、前に出した手に隠し持った箸の合計数を当てるゲーム。負けた方がお酒をいただくというルールになっていて、勝っても嬉し、負けても嬉しなんです!?以前、利用者さんから「昔はよく箸拳で盛り上がった」という話を聴き、「では、次回、是非やりましょう」ということになったものです。

 手でうまく隠せる小さな朱塗りの箸6本が必需品なんですが、昔の高知のお客(宴会)には欠かせなかったこの箸が、今はなかなか手に入りません。なんとか田舎の家にあり6本は揃って、やれやれ。後は、お猪口とお酒ですが、ここでお酒というわけにはいかず、ペットボトルの水2本を準備し、さあ、スタート!!

 私たち土佐っ歩メンバーは、箸拳は「知っている」という程度で見よう見まねですが、利用者さんのうち男性のお二人はかなりの上級者です。「さぁ、いらっしゃい」「これは、3本」「そうきたら、こっちは1本。これしかない!!」とかける声も手つきも慣れたもの。負けると、まるで酒であるかのようにお猪口一杯の水を呷り、「おお、そんなに酔わせてどうする」と声も上がり調子に。完全に酒宴のノリです。昔の神祭や職場のお客での思い出話も飛び出して、ワイワイ楽しい時間を過ごしました。
m-DSCN0153.jpgm-DSCN0156.jpg









長老大学通信に土佐っ歩の訪問の記事
 通信の秋号に、私たちの訪問の様子が紹介されました。この通信には、『黒鳥を忘れない』を出版された小林ちえみさん、『黒鳥の女たち 特攻隊を語り継ぐこと』の著者城戸久枝さんの訪問時のことも載っており、『聞き書き』の裾野の広さも感じます。この2冊の本も読んでみたいものです。

青空に映えるつるし柿
 窓の外に目をやると、利用者さんたちが皮むきした柿の実が、青空を背景に行儀よく並んで、秋の色に輝いていました。少し先輩の利用者のみなさんとの時間、いつも豊かにゆっくり過ぎていきます。

posted by Ryoma21 at 09:34 | Comment(0) | 会った土佐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする